プロティン補給とゼニカルでの脂質の吸収阻害

ダイエット薬品として販売されているゼニカルは、消化酵素のリパーゼに働きかけ、内臓での脂肪の取り込みを妨げる事が知られています。ゼニカルにより脂肪の吸収が大幅に阻害されることで、肥満の大きな原因の一つを回避し、ダイエットの効果があらわれやすくなるのが特徴です。しかし、ウエスト周りやヒップ周辺の効果的なシェイプアップには、ゼニカル単体ではなく、下半身を集中的に鍛えるエクササイズも加えなければなりません。
下半身を鍛えるエクササイズには大変多くの種類がありますが、運動の効果がでやすく、自宅でも手軽に出来るという点では、スクワットが最適です。一般的に、腹部の脂肪を燃焼させるためには、腹筋などの運動が必要だと考えられがちですが、スクワットには下腹部を中心に下半身全体を引き締める優れた効果が見られます。これは大腿筋という身体の中でも非常に大きな筋肉郡を動かすためで、エネルギー消費が多く、下半身を中心とした脂肪燃焼に理想的なエクササイズです。また、スクワットは大腿筋や下腹部だけではなく、ヒップ周りの筋肉にも働きかける運動で、ダイエットに適した点が数多く見られるのが特徴とされます。そのため、ゼニカルを服用して脂質の吸収をシャットダウンし、脂肪燃焼の効率に優れたエクササイズを実践する事で、下半身の引き締めに有効なダイエットとなるのです。
しかし、これらのダイエット法を効率良く進めるためには、筋線維の損傷の回復を促進させるプロティンの活用も不可欠です。プロティンは筋線維の修復を効果的に推進する優れた栄養素で、筋肉増量を促して、筋肉の活動に伴うエネルギー消費と新陳代謝の機能を高めます。
そのため、下半身の引き締めには、ゼニカルの服用とスクワットの組み合わせに加え、ダイエット効果を大きくするプロティンの補給が欠かせない要素です。